世界イベント通信

世界中の素敵なイベントをご紹介します!

*

タイニーハウスとライフスタイルの考察|豊かな暮らしって何?

      2016/09/19

現代日本において、高級マンションや豪邸、新築一戸建てなどに住むことは1つのステータスであり、多くの人の目標の1つともなってきました。それは富の象徴であったり、1人前になった証ともされる風潮がありました。このような傾向は、世間体をとかく気にする日本人にとっては無理もないことなのかもしれません。

しかし、近年ライフスタイルの多様化と相まってこれらの考え方とは違う暮らし方をする人たちが増えてきました。それが、タイニーハウスやスモールハウスと呼ばれる小さな家で暮らす人たちです。この暮らし方は、これまで日本人が当然と考えてきた価値観と相反するライフスタイルと言えるものでしょう。

この記事では、現代の一般的なライフスタイルとミニマルなライフスタイルを比較して、豊かな暮らしとは何かを考察していきたいと思います。

現在の生活に何か物足りなさを感じている人は、是非参考にしてみてください。

 

現代の一般的なシティライフ

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9_%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab_001

都会での生活にあこがれる人は非常に多く、また都市部の生活が一番だと考えている人も少なくありません。まずは、一般的によく言われている都会生活のメリット・デメリットをご紹介しましょう。

 

メリット

最大のメリットは利便性の高さにあります。お店の数は無数にあり、欲しいものもすぐ手に入りやすい環境です。洋服やおもちゃ、電子機器など売っていないものなど無いと言っても良いでしょう。おしゃれなカフェや美味しいレストランなど、いくらでもあります。娯楽施設に困ることもありません。

公共交通機関も非常に充実していて、車などなくても行きたいところに自由に行くことができます。

また、仕事に関しては非常に大きなメリットがあります。企業の数が多いため仕事の数も非常に多く、バイトであれ正社員であれ仕事に困ることは比較的少ないと言えるでしょう。業種や性格にも左右されるのですが、人が多く様々なタイプの人がいるため、人と知り合う機会も多く人脈を作りやすいというのも都会の良いところですね。

 

デメリット

物価の高さはやはり大きなデメリットです。日用品はそこまで大きな違いはありませんが、家賃はかなり高いと言えるでしょう。外食なども地方と比べると、高いと言わざるを得ません。単純な物価の高さとは違いますが、都会は消費欲をそそるものが多くその分出費に悩まされることが多いのも特徴です。

人の多さもデメリットの1つです。通勤通学の電車だけでなく、レストランやデパートなどのお店の混雑もかなりのものです。休日は言うまでもありませんが、平日も混雑しているところも決して珍しくありません。人ごみが苦手な人には少々厳しい環境かも知れませんね。

 

大量生産・大量消費への考え方

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9_%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab_002

日本は不景気になったと言っても、それはバブル期と比較した場合の話であり世界的に豊かな国であることに変わりはありません。経済的に豊かな象徴でもある大量生産・大量消費を継続している国です。

そして、このような経済的に豊かな国では、大量にモノを持ちモノを消費することが豊かであると信じられてきました。モノを多く消費することで多くの幸福を得られるのだと信じられてきたのです。果たして本当にそうでしょうか。

都会ではあらゆるところにモノがあふれ氾濫しています。消費欲を刺激する誘惑がいたる所にあり、知らず知らずのうちにお金を使う環境に身を置いているのです。もちろん、これらに対する消費で一定の満足感を得ることはできるでしょう。しかし、逆に言えばお金を使わなければ刺激や楽しみを見出せないのです。

消費欲に刺激されるままモノを消費し、それと引き換えに得られる一時的な満足感。これが豊かさなのでしょうか。モノの消費は、必然的に時間の消費とエネルギーの消費にも紐づきます。それが本当に必要なモノであれば問題ないのですが、無駄なモノであれば時間もエネルギーも無駄にすることになります。

このような無駄なモノに対する疑問や考え方は、大量生産・大量消費へのカウンターカルチャーとしてアメリカで発展していくことになりました。その1つの例として、タイニーハウスというミニマルなライフスタイルが提唱されることになったのです。

 

タイニーハウスでミニマルな生活

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9_%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab_003出典 http://cdn-ak.f.st-hatena.com/

アメリカ西海岸から発症したタイニーハウスは、無駄なモノを排除したミニマルな生活様式を柱としています。これはなるべくモノを持たずシンプルに暮らすという価値観に基づいています。

大量生産・大量消費とは真逆の価値観を掲げているこのライフスタイルについて、詳しくお伝えしていきます。

 

本当に必要なモノがわかる

タイニーハウスは必要最小限のスペースで構成されているため、持ち物もそれに合わせることになります。これは単に持ち物を減らすということだけではありません。自分の追い求めているライフスタイルに合わせて、本当に必要なモノを見極めていくということなのです。

タイニーハウスで生活していけば、モノは減ったのに心はスッキリとしてどこか満ち足りた気持ちを味わうことができるでしょう。

 

無駄なモノに時間を使わなくなる

モノが多ければ使う時間もそれに比例して多くなります。しかし、タイニーハウスには必要なモノしかないため、無駄な時間を使う必要がありません。

このライフスタイルに満足していて心が豊かなのであれば、かつて使っていた無駄なモノに時間を使わなくてもよくなるのです。

 

必要なモノに時間を使える

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9_%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab_004

モノを買うにも維持するにもお金がかかり、そのお金を稼ぐためには時間を使います。無駄なモノに対して、このようにお金や時間を使うのは虚しくありませんか?

タイニーハウスであれば、今まで使っていた無駄な時間を本当に大切なモノに対して使えるようになります。それは、家族や自分の大切な人に対してだったり、忙しくてできなかった自分の趣味に対してだったり様々でしょう。

自分が大切にしているモノのために、より多くの時間を使えるようになるのです。

 

人生が豊かになる

自分の理想としたライフスタイルに合わせて、本当に必要なモノを厳選し生活をしていけば、豊かな人生を歩むことができるでしょう。

無駄なモノに使っていたお金と時間が必要なくなり、本当に大切なモノのために時間が使えるのですから、満ち足りた豊かな心を手に入れることができるはずです。

間違えて欲しくないのは、タイニーハウスが小さいからモノを捨てるのではないということです。大切なのは、理想とするライフスタイルのために必要なモノだけで生活をするということです。

この求めるライフスタイルに合ったタイニーハウスで生活ができれば、本当に豊かな人生を送ることができるのではないでしょうか。

 

まとめ

ここまで、タイニーハウスとライフスタイルについてご紹介してきました。

タイニーハウスが大人気!|日本での買い方は?価格は?間取りはどれくらい?

タイニーハウス|おしゃれなこだわりの部屋をご紹介

現代の生活は利便性が抜群である一方で、無駄なモノにお金や時間を使ってしまっていることが往々にしてることがご理解いただけたことでしょう。自分の生活にも無駄なモノが多いなと改めて考えされられた人も多いのではないでしょうか。これを契機にライフスタイルを見直してみるのも良いかも知れませんね。

ミニマルな生活で、必要なモノだけに時間をかけることの素晴らしさを実感していただければ幸いです。

 - タイニーハウス, 暮らし