世界イベント通信

世界中の素敵なイベントをご紹介します!

*

火の粉がとにかく凄い!手力の火祭の豪快な見どころをご紹介

      2016/06/07

火祭という、ネーミングからして過激なこのお祭りをご存知でしょうか。

手力の火祭りとは、上半身裸の男たちが文字通り火を浴びながら神輿を担ぎ練り歩くという、かなり豪快なお祭りです。

手力の火祭り_001

出典 http://www.gifucvb.or.jp/event/detail_spring.php?eid=00004

今回はこの一風変わったお祭りの由来や見どころをご紹介します。

 

手力の火祭りってどんなお祭り?

この手力の火祭は、重要無形文化財にも指定されている伝統的なお祭りです。

この大祭に合わせて、朱塗りの三の鳥居の大しめ縄が取り換えられます。
重さ1t、長さ12.5m、最大の径が3mもある大しめ縄です。

手力の火祭り_006

出典 http://yurakukan.blog27.fc2.com/blog-entry-859.html

火祭りの会場となる手力雄神社の境内には、山と呼ばれる舞台が、歌舞伎や昔話の題材にセットされており、近隣の13町が約20mの長い竿に10個の御神灯と、神輿、滝花火の竿が境内を埋め尽くします。

飾り神輿は、観客をぬって、各町内を爆竹と鐘の轟音を轟かせながら練り歩き、宮入りします。各町内の神輿が宮入りしたのち、火の祭りの祭典が始まります。

滝のように火の粉が乱舞する中を上半身裸の男たちが神興を担いで練り歩く様は、勇壮で迫力満点です。

 

◇火祭り当日の神事

(1)神事は朝10時半から

毎年の神事に大きな変更はないようですが、雨天は順延となりますのでその際は観光協会にお尋ねください。
火祭りは、朝10時半からの御旅所への奉邊神事で始まり、朱塗りの鳥居へ長持ち奉納などの神事が行われます。
そして、神輿が町内を練り歩き夕刻の火祭りには各町内の神輿が境内に集まります。

(2)火祭りの祭典

境内に各町内会の飾り神輿・火薬神輿がそろい、火の祭典が18:50頃から始ります。
高さ20mもある御神灯に火を放って、点灯されます。

御神灯の火が全部ついた年は、豊年と言われています。
また、この火の下をくぐると1年無病息災とも言われています。

更に、この滝のような花火の中を花火神輿が鐘と爆竹の轟音を立てて練り歩くなど次々と祭典が繰り広げられます。

◇2016年の日程

毎年、4月の第2土曜日に開催されます。
 2016年は4月9日 ですね。

 

◇開催場所

岐阜市にある手力雄神社の境内にて開催されます。

各務原線の手力駅から徒歩で5分ほどで到着します。
会場周辺は駐車場が少なく大変な混雑ですので交通機関の利用がおすすめです。

 

 

手力雄神社の由来と無形文化財火祭り

手力の火祭り_004  出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/手力雄神社_(各務原市)

 

◇手力雄神社の由来

(1)天岩戸神話に登場する手力雄神

天岩戸に隠れた天照大神を岩戸からひきだした神様が、手力雄神(てじからおおかみ)です。
真っ暗闇だった世界が、その後明るさを取り戻したのは有名なお話ですね。

この神様を奉っているのがこの神社というわけです。

(2)手力雄神社の由来

5~6末頃中里を支配した豪族が、手力雄神のお社で、山の中腹に祀ったのが始まりといわれています。

佐良郷の産土神として山中の手力雄神社が現地に奉還され、壬申の乱を経て、室町時代藤原祐貞にも厚く崇敬されました。

永禄10年には、織田信長が各務原攻めでこの神社に迫った際、体の自由が利かなくなり落馬したことを神罰と恐れたという逸話も残っています。以降、この一帯を社領とし今日に至っているそうです。

あの比叡山延暦寺を焼き討ちにした信長も恐れるなんて驚きですよね。

 

◇無形文化財の火祭り

この祭りの起源は不明ですが、300年以上続いている火祭りです。
長く岐阜県を代表する伝統行事として県民に親しまれています。

 

手力の火祭りの見どころと楽しみ方

 

◇火祭りの祭典

(1)御神灯の点灯

高さ20mの御神灯に火を放っての点灯が、成功したときは歓声が上がります。

(2)滝花火と火薬を仕込んだ神興

滝のように火の粉が舞う中を、火の粉が吹きあげる神興を上半身裸の男たちが担いで練り歩くのは、迫力満点です。爆竹は轟り、神興の間を、鐘を鳴らしながら男たちが乱舞する様に圧倒されることでしょう。

(3)立火棚から各町内一斉に奉納の手筒花火を点火

立火棚から各町内一斉に手花火に点火し、仕掛け花火、境内に造られた山焼き花火に次々に点火されます。
音と火の勇壮な火の祭典にたっぷり酔いしれましょう。

 

まとめ

手力の火祭り_005

http://weathernews.jp/ip/info/firewk/erea6.html

男たちによる手力の火祭り、如何だったでしょうか。

ここまで迫力満点のお祭りは、あまりお目にかけられないかと思います。祭りが始まってしまえば、手力の勇壮・勇猛な火の祭典に圧倒され、高揚し、時の過ぎるのも忘れてしまうことでしょう。

ただお祭りを見に行かれる際は、火の粉を除ける帽子や火の粉を浴びてもよい上着と、耳栓などは用意しておいた方が良いかもしれません。それだけド迫力のお祭りです。

ちょっとした刺激がほしい方は是非見に行かれることをお勧めします。

 

 

 - 中部, 岐阜県, 日本のイベント