世界イベント通信

世界中の素敵なイベントをご紹介します!

*

かつて猪瀬都知事を追い込んだ総務委員会集中審議|舛添都知事は逃げ切れるか?

   

本日2016年6月13日(月)と6月20日(月)に実施される総務委員会集中審議。前東京都知事の猪瀬直樹氏を徹底的に追い込んだ同審議ですが、同じく都知事の舛添要一氏を追い詰めるべく開かれてます。

今回は一問一答形式での審議で今までのような答弁では逃れることはできず、代表質問・一般質問より更に厳しい追及がなされることになるでしょう。

総務委員会集中審議_001

今回はこの総務委員会集中審議と舛添都知事の今後を考察してみたいと思います。

 

総務委員会集中審議とは?

今回実施される集中審議とは、通常の都議会内で明確な回答が得られなかったもの、または特に重要な政治課題に絞って実施される審議のことを言います。

この審議の特徴は「一問一答形式」で行われることにあり、さらに議会側は当事者への事前の通告なしに詳細な質問をすることが可能です。さらに、答弁が不明確であれば繰り返し質問をすることができるため、徹底追及することが可能なのです。

一連の疑惑で何一つ具体的な回答ができていない舛添都知事は、当然ここに引きずり出されます。警察署での取り調べが公開で実施されていると考えればイメージしやすいかと思います。

 

集中審議と猪瀬直樹都知事

徳洲会からの資金提供疑惑を受けていた猪瀬都知事に対して、2013年に都議会の集中審議が実施されました。

ここでの、議員からの追及はかなり厳しく猪瀬都知事ものらりくらりと追及をかわすことは難しかったようです。結果、数々の証言が事実とは食い違うことが明るみになり、結果として百条委員会の設置⇒辞職と追い詰められることになるのでした。

 

集中審議と舛添要一都知事

集中審議は6月13日と6月20日と2日間の日程。本日は4時間半行われます。政治資金の流用問題、公用車の使い方、高額な海外出張費などが焦点になると考えられます。

ポイントは2つでしょう。1つ目は舛添都知事のこれまでの不明確な答弁がどこまで明らかにされるかでしょう。家族と宿泊した千葉県のホテルで面会した 出版社社長の実名  NHK交響楽団コンサートや東京ドーム にどの団体が招待したかなどですね。

2つ目は与党である自公がどこまで厳しく追及するかです。ここの追及が厳しければ都知事の外堀だけでなく内堀も完全に埋まり万事休すになるはずです。もう誰も守ってくれませんからね。

 

 

さて、最初に質問したのは自民党の鈴木隆道都議でしたが、この内容はあまりにも体たらくで、舛添都知事にあっさり追及をかわされてしまいました。ダラダラとくだらない説教を述べるだけで、肝心の追及は全くお粗末なものでした。これが自民党の策略ではなく、この議員が能無しであることを願うばかりです。

続いて与党公明党からは松葉多美子委員が質問しました。この質問はなかなかのもので、美術品の資産隠しや都の自然災害時の別荘通いなどしっかり問い詰めていたと思います。舛添都知事は明確な回答はできていませんでした。

さらに、知事は辞職すべきと明言したのがポイントでしょう。与党からも辞職勧告が出たことで今後どうなっていくのか楽しみです。

随時更新はしますが、続く議員の奮闘に期待したいと思います。

 

舛添要一都知事の今後

今回の集中審議で完全に都議会を論破することができれば、知事続投は濃厚になるでしょう。

しかし、さすがに都議会議員もそれは自分たちの尊厳にも関わりますし都民が納得しないことも分かっているでしょうから、徹底的に追及して追い詰めるはずです。

となると、考えられるのは2つです。1つは集中審議でボロを出して罰則規定が適用されることです。これはもう即辞職でしょう。もう1つはボロを出さず乗り切ることですが、その場合はここでも不明確な答弁をするということになります。となると、百条委員会の設置、もしくは野党による不信任決議案の提出という流れになるでしょう。

そして、これらが提示されたときに自公がどう判断するかがまたポイントになるわけですが、それが今回の答弁の内容次第になるのではないでしょうか。自公が野党の求めに応じるのは、ここでの答弁が都民を納得させるに足るものであるかどうかにかかっているでしょう。

自公も世論の流れは分かっているでしょうから、舛添都知事を守っているという印象を持たれるくらいなら野党の要求を受け入れる可能性も出てくると考えられますね。

 

まとめ

総務委員会集中審議と前・現東京都知事についてお伝えしてきました。

百条委員会|過去の事例からその意味と役割を探る

集中審議で当たり前のことを追求すれば、辞職まではきっちり誘導できそうだなという印象は持っていますし、そうしないといけないでしょうね。

本音を言ってしまうと見苦しいマネはやめて、潔く辞職して頂きたいのですけどね。なぜなら、この人が都知事であることを誰一人として望んでいないからです。

この際、都知事選にお金がかかるのも仕方ないです。舛添氏が都知事に居座り続けるストレスを考えれば安いものでしょう。そのお金は我慢します。

というわけですので、議員の皆様きっちり舛添都知事を追い込んでくださいね。

 - 政治, 時事イベント ,