世界イベント通信

世界中の素敵なイベントをご紹介します!

*

ジョニー・デップと離婚秒読みのアンバー・ハード|出演映画から性格を探る

   

あの米ハリウッドの大人気俳優ジョニー・デップの妻、アンバー・ハードが離婚申請をしました。結婚2か月後にも離婚騒動があり何かと騒がしい夫婦ですが、今回はかなり深刻なようです。ちなみに、配偶者扶養料を求められたデップ側は弁護士を通して却下したようです。今後も騒動は長引くのかもしれませんね。

アンバーハード_映画_001出典 http://blog.goo.ne.jp/jm131/

ジョニー・デップの方はご存知の方も多いと思いますが、非常に惚れやすい性格で病気なんじゃないかと言うくらい【一目惚れ⇒婚約⇒破局】の工程を繰り返してきました。

さて、方やアンバー・ハードはどうなのか?どんな性格なのかどんな恋愛遍歴なのか知らない人も多いかと思います。今回はその辺をご紹介してみますね。

 

アンバー・ハードの出演映画

ハリウッドで注目を集めるまでは、ホラー系の映画に多く出演していました。中でも有名なのは、ジョン・カーペンター監督の約10年ぶりの劇場作品となった ザ・ウォード 監禁病棟 (2010年)でしょう。恐怖に支配されながらも抗って脱出を図る、意志の強い主人公役を演じます。

日本で最も知られているのはジョニー・デップと共演した ラム・ダイアリー (2011年)でしょう。悪役の愛人役でデップを誘惑する様を見事に演じています。

 

 

その他にもゲイリー・オールドマンやハリソン・フォードと共演した パワーゲーム (2013年)や、メル・ギブソンらと共演した マチェーテ・キルズ (2013年)など、有名作品にも多く出演しています。

 

出演作品では総じて、アンバー・ハードの意志の強さや負けん気の強さが窺えます。顔からも勝ち気なイメージが伝わってきますよね。

 

 

アンバー・ハードの性格

アンバーハード_映画_002出典 http://x.celebee.info/

ジョニー・デップは、彼女のことを「努力家で教養があって芯の強い性格」と公言しています。

芯が強く気が強いことでは非常に有名で、マスコミに対しては強気な発言をすることでも知られています。自身がバイセクシャルであることに関して「何かを否定したり隠したりするのは、それが間違っていると思っているから。私は自分が間違っているとは思いません」と堂々としたコメントも出しています。思ったことはハッキリ言うタイプなので、誤解を受けることも多いようですね。

 

割と映画の役柄は、プライベートの性格をよく反映しているような印象を受けました。あの、一本芯が通っていて勝ち気な感じはスクリーンを通しても伝わってきますよね。

 

 

まとめ

アンバーハード_映画_003出典 http://girly.today/

いかがでしたか?アンバー・ハードの出演作から彼女の性格を簡単に探ってみました。

総じて、彼女の役柄はハッキリと物言う芯の強い勝ち気なイメージがあります。プライベートや発言を聞く限りでもスクリーンのイメージとぴったりマッチしますので、まぁ間違いないんじゃないかと。

離婚騒動は残念ですが、彼女の性格から言うと自分を曲げてまでジョニー・デップと一緒にいることはできないということなのかもしれませんね。

ハリウッドの男女関係は本当に難しいでしょうから、お互い納得のゆく答えを出していただければなと思います。あんまり、ドロドロしたのは見たくないですけどね。。。

 - 芸能イベント