世界イベント通信

世界中の素敵なイベントをご紹介します!

*

お中元|渡す時期はいつ?関東と関西で違うの?過ぎたらどうするの?

      2016/05/29

お中元の時期が近づくと何を渡すか迷いますよね。去年部長にはビールの詰め合わせを贈ったけど今年も同じにするか、趣向を変えてカニにでもしようか、などなど。。。上司やお世話になっている人への贈り物は、どうしても気をもんでしまうものです。

そんなお中元ですが、実は地域によって渡す時期に違いがあることをご存知でしたか?もちろん、関西と関東でも違います。ですので、別の地域に発送ときは特に注意が必要なのです。届いた時には、「もう過ぎてますけど?」なんて言われると恰好がつきませんからね。そんなマナー知らずのレッテルを貼られることのないよう、日頃から準備を怠らないようにしましょう。

今回は、主にお中元の時期についてご紹介していきますね。

 

 

お中元|渡す時期はいつ?関東と関西で違うの?過ぎたらどうするの?

お中元とは?

お中元渡す時期_002出典 http://www.jndaojiao.com/

今回の本論にも深い関係があるため、そもそもの話からしておきます。この習慣は、中国と日本の宗教的な儀式が結びついたものです。

 

◇三元

中元とは中国の道教に由来するもので、三元の一つです。道教の天神様の誕生日をお祝いする 上元(旧暦1月15日)・中元(旧暦7月15日)・下元(旧暦10月15日) の三つのお祝い事を総称して三元と呼び、中国では古くから親しまれてきました。

 

◇盂蘭盆会(うらぼんえ)

方や日本には仏教の 盂蘭盆会(うらぼんえ) というご先祖様を供養する行事、つまり現在でいう 盆 の行事がありました。その内の1つの儀式 盆礼 で、親、親戚、近所の人々の間で霊前に供える品物をやりとりする習慣がありました。

 

◇お中元

「中国の中元の供え物」と「日本の盆礼の供え物」が結びつき、盆の時期に贈り物のやり取りがされるようになりました。

この習慣が根付いたのは江戸時代と言われています。この時期にはご先祖様への供え物だけでなく、商いの取引先や、お世話になった人にも贈り物をするようになり、この習慣が現在のお中元のベースになっていると考えられています。

 

 

お中元を渡す時期はいつ?

御中元の品物出典 https://iemo.jp/

さて、肝心のお中元を渡す時期ですが上記の由来にヒントがあります。そうです、当時の中元と盆の時期 旧暦7月15日 が、お中元を渡す時期と言うことになります。そして、この旧暦であることが、地域間で時期の違いを生む原因となったのです。

つまり、ある地域では旧暦のまま 7月15日 、ある地域では新暦の 8月15日 に渡すという事態になり、今日まで時期の違いも含めて習慣として受け継がれています。

 

◇関東で渡す時期

関東では旧暦のまま 7月15日 がお中元を渡す時期となっています。ただ、厳密にこの日というわけではなく、この日までに送ればいいとなっていて月の初旬から15日頃までに送れば特に問題となることはありません(到着が15日を過ぎるのは大丈夫)。

ですので、 7月1日~15日 がその時期となります。

 

◇関西で渡す時期

一方、関西では新暦を採用しており 8月15日 がお中元を渡す時期となっています。

また、先述の通り厳密な日である必要はないとの理由から、お中元を送る時期は 8月1日~15日 となります。

ざっくりと東日本で7月15日、西日本で8月15日となっていますので、他地域へお中元を発送際は注意しましょう。

 

お中元の時期を過ぎたらどうする?

お中元渡す時期_003出典 http://www.kyorakudo.co.jp/

かりに、上記の地域で時期が違うことを知らず、お中元を発送する時期を過ぎたらどうすれば良いのでしょうか。大丈夫です。しっかり送る方法があるので安心してください。

立秋(8月7日)までは 暑中見舞い 、立秋を過ぎてから8月31日までは 残暑見舞い として出すことが可能です。

時期通りに渡すのがベストですが、こういう緊急事態になった時もリカバリーする方法がありますので、有効活用してくださいね。

 

まとめ

お中元の由来と時期についておつたえしてきましたが、いかがでしたか?

普段あたりまえにしている習慣なども、しっかりと由来がありそれに伴い時代を経て様々な変化をしていきます。今回の地域による時期の違いもその一つです。物事を深堀してみると、また違う側面から事象を見ることができたりして楽しいですよね。

お中元は大事な習慣の一つですから、渡す時期を間違えることのないようにしましょう。特に引っ越したりして違う地域に行く場合は注意ですね。今回の記事をどこか頭の片隅にでも留めて頂ければ幸いです。

 - お中元, 季節イベント