世界イベント通信

世界中の素敵なイベントをご紹介します!

*

梅雨時の体調不良にご用心|続く下痢への対策

      2016/06/22

突然前触れもなく襲い掛かる下痢の症状。特に梅雨の時期は症状が現れやすく、また悪化しやすいのが特徴です。

下痢を起こす原因や症状、効果的な対策などを紹介します。梅雨の時期は「梅雨冷え」とも呼ばれる冷え込みによって体調不良を起こしやすい方が多いです。

梅雨の体調不良_下痢_001出典 http://xn--n8jl1454c4yj.com/

また湿気が増える時期ですので食中毒も発生しやすい時期。梅雨の時期だけなんで下痢になるの?体調を崩すの?とお困りの方へ、普段の生活に+αの対策法をお伝えします。

 

梅雨時の体調不良にご用心|続く下痢への対策

梅雨の時期に見られる下痢のパターン

梅雨の体調不良_下痢_002出典 http://xn--i6z09j.jp/

梅雨特有の下痢の症状は、急な下痢と何日も続く下痢の2パターンがあります。

急な下痢は特に朝方、体温がまだ上がっておらず体が冷えやすい時間帯に多くみられる下痢です。身支度をしているときや通勤時の電車の中で起こる場合が多いです。

何日も続く下痢の場合は、雨が降る時間帯が長いほど起こりがちです。おなかが緩い状態が続きぐるぐると音を立てることもあり、結構つらいことも。

3日以上症状が続く場合は病院で診てもらったほうがよいでしょう。

 

梅雨の下痢が引き起こされる原因

梅雨の体調不良_下痢_003出典 http://www.irasutoya.com/

 

◇じめじめした湿度が体の循環をジャマする

梅雨の下痢が引き起こされる原因の一つに湿度があります。

梅雨のじめじめとした湿度によって汗が体の外になかなか排出されないことで、体の中に水分がたまってしまい下痢につながるのです。人間は汗をかくことで体の水分を循環して調子を整える働きをしていますが、その効果が鈍くなってしまい、結果として不要な水分が下痢の原因になってしまいます。

また梅雨冷えとも呼ばれる気温の低下が下痢をもたらすこともあります。急に冷え込んだ日や、何日も冷え込みが続くと体が慣れていないせいか、お腹を中心に体調不良を起こしてしまうことも多いでしょう。

 

◇湿気は食中毒の原因にも

湿度が原因で細菌が繁殖し、結果として下痢などの食中毒症状が出る場合もあります。

じめじめした環境は細菌やウィルスが発生・増殖しやすい環境です。気づかないうちに汚染された食べ物を食べてしまい、普段は下痢を起こすことがない方でも、急に症状が出てしまうこともあります。

あまり体調がすぐれないなと思ったら、食べるものにはよく気を付けたほうがいいかもしれません。

 

梅雨の続く下痢におさらば!効果的な対策は?

◇お腹を冷やさないために

(1)おなかを冷やさないひざかけなどが有効

まず体を冷やさないために、着るものには気を付けましょう。天気予報の気温の変化にも注目し、衣服を選んで出かけましょう。

デスクワークの方は動きがあまりないため体を冷やしやすいですので、ひざかけや薄手の毛布をお腹にもかけてあげると、負担が小さくなります。

(2)気を付けたい食べ物

梅雨の体調不良_下痢_004出典 http://www.bit-power.com/

梅雨の体調を崩しやすい時期、あるいは下痢を起こしているときに控えるべき食べ物は「体を冷やす食べ物」「下痢を悪化させる食べ物」です。

体を冷やす食べ物は基本的には夏野菜です。ピーマンやトマト、なすなどは栄養も多く健康に良いとされていますが、水分を補給し、ほてった体を冷ます効果があります。食べすぎない限り影響はないようですが、梅雨冷えの時期には食べすぎに注意しましょう。

「下痢を悪化させる食べ物」とは消化が悪いものや刺激物があげられます。脂っこいお肉や天ぷら唐揚げなどの揚げ物の取りすぎには注意しましょう。

極端に辛い物やすっぱい食べ物もたまにたしなむ程度にし、下痢を起こしているときは控えましょう。

 

◇食あたりに気をつけるために

(1)部屋は除湿と換気を

下痢を起こさないために、食中毒の対策も一つの手です。

病原菌はじめじめした均一な空気を好みますので、対策として部屋の換気と除湿を行いましょう。

一日一回の換気だけでも細菌を減らす効果があるようです。除湿は除湿機があれば梅雨の時期にフル稼働させるとよいですが、除湿機がなくても扇風機やエアコンの除湿機能を利用して湿気を減らすことができます。

キッチンはとても雑菌が繁殖しやすい場所です。使う道具は熱湯消毒やハイター消毒、乾燥を心がけましょう。おススメの対策法を動画にてご紹介します。

 

(2)食べ物はよく観察を

いつもの時期よりも日持ちしないと心構えをして、食べ物は早めに頂くようにしましょう。

残りものは見た目で観察とよく言われるように、臭いは大丈夫か、色の変化や粘り気はないかなど、まずは視覚と臭覚で確認しましょう。大丈夫そうでも食べてみて怪しいと思ったらあきらめることも検討しましょう。

するっとカフェ

まとめ

梅雨は何かと体調を崩しやすい時期。梅雨冷えからくる下痢については寒さ対策に加え、温かい食べ物をとるのもいいでしょう。スープや温かいお茶で体を温めるのも一つの手です。

梅雨の体調不良_下痢_005

出典 http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/

食中毒の下痢は体調が少しでもおかしいなと感じたら無理をしないことです。普段丈夫な人でも体調は良くないときは感染率が上がります。「自分は大丈夫」、「寝ていたら治るから」と考えずに、細かい心がけで少しでも予防していきましょう。

梅雨だからということだけでなく、日常の規則正しい生活も大事です。一日三食の食事や運動、ストレッチなどに加え、今回紹介した梅雨特有の原因を乗り越える対策を少しずつ実践してみましょう。

梅雨の厳しい時期を健やかに過ごせますように。

 - 季節イベント, 梅雨