IT

AIが2020年にもたらす大きな変革|人工知能の未来と消滅する仕事

【AIはコールセンター業務のおよそ85%を代替する】

近年AIに関連するニュースが増えてきましたね。未来への期待を思わせるワクワク感、仕事を奪われるかも知れないという不安、様々な感情がAIに対しては向けられていると思います。

AIテクノロジーをめぐる話題は数限りなく存在します。最初のAIデバイスが市場に登場して以来、IT業界にいる人もそうでない人も皆テクノロジーに魅了されてきました。

現在、プロセスの簡素化やサービスの提供を容易にするためにAIが使用されている分野が多く存在します。スマートフォンやその他の通信デバイスには、SiriやAlexaやWatsonなどのAIアシスタントが搭載され、その存在はより身近なものとなっています。

他の分野においても、さまざまな方法で現代の消費者の生活を変えるのに役立つAIアプリケーションが日々開発されています。

非常に多くの企業がAIの世界に参入し、これらの先進技術はどのように世界を変えてきたでしょうか。AIには多くの進歩や驚きを見せてくれましたが、私たちはまだテクノロジーの初期段階にありさらなる変革が期待されています。

2020年にAIが世界にどのような影響を与えてくれるのか、この記事ではその一部をお見せしましょう。

この記事を読むことで得られるメリット
・AIとは何かを理解できる
・AIが今後の世界をどのように変えていくのか理解できる
・ニュースで流れているAI関連の出来事が理解できる

 

AIとは何者か、AIが社会で担う役割

まずは前提知識として、AIとは何かを知っておきましょう。人工知能(AI)は、機械に特定の目標を達成させるためにデータに依存して処理を行う最新のテクノロジー全般を指します。

AIはデータとアルゴリズムを組み合わたものであり、マシンが顧客や市場に望ましい結果をもたらすようにします。AIテクノロジーを用いた分析、計算、および予測が高い精度で組み込まれ、様々な製品やサービスに応用されています。この先進技術の影響はマシンに対してはもちろんのこと、人にも大きく作用します。

AIは主に、人々の日々の生活に影響を与えるために開発されています。AIの最初期の形態は古くから存在していて、人が作業をしてきた単純なルーティンワークは徐々に置き換わってきています。今後はさらに複雑なタスクも実行することになるでしょう。AIテクノロジーの進歩に伴って、職場でのマシンの使用は増加の一途をたどっています。

このような動向を知って、あなたはポジティブに感じましたか?それともネガティブに感じましたか?これは、あなた自身の視点、さまざまな業界の視点、社会全体の視点によって大きく変わってくることでしょう。

近未来社会においてAIはどのような役割を果たしていくのか、その発展から今後の社会を予測してみたいと思います。

一部の仕事は、AIによって段階的に確実に廃止される

すでに書いた通り、さまざまなレベルで人間の作業は機械に確実に置き換えられていきす。マシンへのデータ入力や通信の受信など、簡単なルーティンワークは、機械が代替することになります。

これは多くの領域で既に始まっていることで、テレマーケティングや受付、レジなどの担当者は、AIによる代替が進み、近い将来、仕事が消滅することなるでしょう。

GoogleやAmazonなど多くのIT企業が自動運転車のテストを実施しているニュースは、頻繁に耳にされているかと思います。それほど遠くない未来に、運転手の乗っているタクシーを見ることは無くなるでしょう。これは、ドライバーもAIに置き換えられることを意味しています。

また、大きな工場では大規模な自動化が行われています。近年Amazon倉庫内の写真がニュースや記事に出てこなくなったのは、働いている人間がいなくなったからとも言われています(AIの圧倒的な力を見せるのは刺激が強すぎる)。

洗練されたAIのアルゴリズムは、ニュースの収集と配布から、映画チケットの販売、AI会議の管理まで、あらゆる分野で実用化されています。

新しい仕事の創出

AIがタスクを代替する話は、人的リソースにとって好ましくないという印象を与えてしまったかも知れません。しかし、機械が他の領域を代替するに伴い、さまざまな領域で新しい仕事や職種が発生することにもなるでしょう。

たとえば、AIシステムを実行するために必要なさまざまなアルゴリズムには、それに沿ったプログラミングスキルや運用スキルが求められます。また、さまざまな業種や分野で数百万単位のAIシステムが実装されるため、多くのメンテナンス作業が必要になります。消防や採掘のようなハードワークの一部が機械に代替されることで、より安全で効率的な業務が生まれることでしょう。

AIが導入され職場の効率が向上すれば、結果として多くの時間や別の機会が創出され非常に生産的な職場になることでしょう。

AIはよりハイレベルな技術開発を生み出す

情報処理に関して、人間には限界がありますが機械にそんなものは存在しません。これは、ディープラーニングに代表されるAIが最も複雑なパターン分析の中心になることを意味します。電力さえあれば、機械が処理できる情報量に制限はありません。

膨大な量のデータを分析し活用することで、社会に存在する多くの課題に対して迅速な結論と解決策を導きます。例えば、交通渋滞や病気の蔓延、社会インフラ寿命の監視などの顕在化している問題を効率的に素早く解決する方法をAIが教えてくれることでしょう。

残念ながらデメリットも存在します。AIが悪意のあるエンティティによって悪用される可能性は排除出来ません。機械は人間の行動を読み取りその性質について結論を出すことができますが、それを悪用された場合人間社会に深刻なダメージを容易に与えることができるでしょう。

AIは人間の暮らしをより便利で豊かなものにするための活用でなければなりません。決して悪用されることがないよう、各企業はAIの倫理委員会を作り対策を検討しています。

AIがもたらす新しい可能性

AIテクノロジーには、方向性や明確な道筋があることは間違いありません。まだ定まっていないのは、AIがどれだけ活用できるかということです。世界中で膨大な数の研究が進行しており、AIによる技術実現は時間とともに加速していくことでしょう。

現在の課題は技術的な部分ではありません。AIの追求が社会全体の福祉にとって本当に望ましいのかどうかを、経済的および政治的観点から判断しなければならないということです。

AI市場の参加者はまだまだ少数であり、市場はさらに多くの参加者に開かれています。AIは、機械をよりスマートにするための技術革新として最も関心の高いテクノロジーと言えます。しかし、これが社会に利益をもたらすのか、それとも不利益になるのかを判断するのは容易ではありません。

明らかなのは、テクノロジーがすでにここに存在し、市場がそれに多大な興味を持っているということです。2020年はAIが果たす役割や、社会への貢献度がより明確になっていくことでしょう。