IT

NFTの破壊力|ただの画像データが75億円になるワケ

最近、IT関連のバズワードとして「NFT」という単語をよく聞くようになりました。それこそニュースで取り上げられることも多くなり一般的な認知度も高まりつつあります。

取り分け印象に残っているのはその取引額の高さではないでしょうか。そこまで知名度の高くないアーティストのデジタルアートが75億円で落札されたり、Twitter創業者のジャック・ドーシー氏のファーストツイートに3億円の値が付いたり、あくまでデジタル上のデータに過ぎないものに、何故このような値段が付くのか不可思議と思える現象が起こっています。

NFTには多くの有名人も関わっていて最新のITトレンドであるということは多くの方の共通認識としてあるでしょう。しかし、「NFTって何?」と聞かれると「高額で取引されるデータのようなもの」という漠然としたイメージしかもっていない方が多いのも事実です。NFTとは何なのかを、本書では分かりやすく嚙み砕いて解説していきます。

NFTは「Non-Fungible Token」の略称で、直訳すると非代替性トークンとなります。非代替性は字面のごとく代替できないという意味で、唯一無二であるということです。トークンは証拠や引換券などの意味があり、ITの領域では何らかの証明に使用する最小単位データなどのことを指します。ですので、NFTは「唯一無二の証明データ」くらいで捉えておくと覚えやすいかもしれません。ちなみにビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、NFTとは真逆の「代替性トークン」という位置づけです。

NFTは資産としての価値が分かりづらかったデータに、一意性であることを証明することで注目を集めるようになりました。それを可能にしたのはどのような技術なのか、またその仕組みが利用されることでどのような変化が起こったのか、何故このコンテンツが多くのビジネスチャンスを作り出してきたのか、これらの疑問に答えつつNFTの魅力をお伝えしていきます。

NFTの仕組みとデジタル仮想空間

NFTが「Non-Fungible Token」の略称で「唯一無二の証明データ」であることは【はじめに】でもお伝えした通りです。NFTはデータの1つなのでデジタル空間に存在しており、そこに存在するためには技術的な仕組みが必要です。また、存在し続けるためには関係者なりユーザーなりに売買やプラットフォーム作成などに参加してもらうための、仕掛けや仕組みなども重要になってくるでしょう。つまり、NFTに関わる人たちに何かしらベネフィットを感じてもらわなければならないのです。

まずはNFTの技術的な仕組みやビジネス的な仕組みが、デジタル仮想空間上でどのように実現しているのかを見ていきましょう。

ブロックチェーンによる所有証明

NFTはブロックチェーン上で形成されている技術になります。ブロックチェーンと言われると、ビットコインなどの仮想通貨が真っ先に思い浮かぶでしょうか。NFTと仮想通貨は関連付けて言及されることが多いのですが、仮想通貨は代替できるデータ(Fungible Token)です。個別の識別情報とは関係なく、同等の資産価値があるものであれば他の仮想通貨や現金などとも交換することができます。NFTは代替できないデータ(Non-Fungible Token)ですので、仮想通貨とは違う役割を担っています。

ブロックチェーンは分散型台帳技術と呼ばれ、暗号化された売買情報などの履歴を複数のシステムで相互管理する仕組みです。従来の特定管理者が存在する集中管理型の技術とは違い、多数のシステムで取引履歴を更新していくため改ざんや破壊が非常に難しいという特徴を持っています。一部のシステムに障害が発生しても他のシステムが履歴情報を保持しているため、システム全体への影響は極めて小さいのです。

NFTはこのブロックチェーン技術を使うことで、様々な作品の識別情報に資産価値や取引履歴を付与し、他の類似作品と差別化することができるようになりました。見た目上は同じデータであったとしても、これらの付加情報が資産価値として記録されることで唯一無二のデータであることを証明できる仕組みが出来上がったのです。アート作品などが多くNFTに出品され取引されている理由はここにあるのでしょう。

作品のストーリー性の証明

NFTが作品の唯一無二性を証明するのに優れた仕組みであることはお分かりいただけたかと思います。これに加えて作品にストーリー性を持たせるという点においてもNFTは優れています。

ブロックチェーンの技術を使えば、作品そのものの情報や付随する資産価値、作者のプロフィールなどに加えて作品の売買履歴も記録されます。誰がいつ買ったのか、売ったのか、これまで何回取引されてきたのか、値段は過去からどれくらい上がったのか下がったのかなどすべての取引履歴が改ざん不可能な状態で記録されるのです。

その作品がどのような歴史を経て今現在まで存在してきたのか、そのストーリーが間違いのない形で可視化されるのは作品のファンとしてはうれしいのかもしれません。例えば、売られている作品の取引履歴にある有名人が名を連ねていれば、それもまた大きな付加価値になるでしょう。このように作品のストーリー性が証明された上で購入できるのは、所有欲を満たすという意味で価値ある体験と言えるかもしれません。

1次創作者への収益多様化

NFTの特徴の1つであるプログラマビリティという技術も注目を集めています。一般的にプログラマビリティは、プログラム言語を駆使してネットワークの自動化を行うというような意味合いで用いられることが多いです。NFTでは、ブロックチェーン上での契約を自動で執行可能にする「スマートコントラクト」という機能を使って、色々な仕組みを追加することを指します。機能や情報を追加しておけば、プラットフォームや仲介サービスを介さずブロックチェーン上の履歴ベースで自動的に契約を遂行することができるようになります。

この機能を使ってクリエイターやアーティストなどの1次創作者は、有利な機能をデータに付与することができるでしょう。1次創作者に最もメリットがあると考えられる使い方は、2次流通時に収入が入るようにすることです。中古市場を考えてもらうと理解が容易いと思いますが、1次創作者は2次流通したものに関しては収入が入ってくることはありません。しかし、追加機能をデータにプラスすれば、2回目以降の取引時に売買手数料を〇〇%付与するというような設定を追加することができます。これにより、永続的に創作者がマージンを取得する環境を構築するというようなことも可能になるでしょう。

メタバース内でのNFT活用

NFTの仕組みや優位性について述べてきましたが、ここでメタバースについて触れておきましょう。NFTを知る上で、メタバースとの関係は切っても切り離せません。メタバースは、2021年10月にFacebook社が社名を「Meta」に変更したことで一般的にも大きな認知を得ました。

メタバースは、ギリシャ語の「メタ(meta/高次の)」と「ユニバース(universe/宇宙)」を組合わせた造語です。簡単に言うと「アナログな現実世界の物質や体験が全てデジタル世界の仮想空間に置き換えられたもの」という意味です。この仮想空間内では住人たちはそれぞれのアバターで、仕事をしたり遊んだり買い物したり食事をしたり、現実世界と変わらない交流をハイクオリティなレベルで楽しむことができます。

このメタバースがNFTとどのように関係するのでしょうか。実はこのメタバース内ではNFTの仕組みを使って資産を増やすことができます。例えば、メタバース内で獲得したアイテムや土地などのデータをNFT化して、同空間で作ったマーケットで売却することができます。また、同じメタバースの中だけでなくOpenSeaなどのNFTプラットフォームで先程の作品を売買することもできるのです。もちろん、これらの作品が2次流通される際に収益が上がることもありますし、メタバースの開発者がゲーム内のNFT売買で恩恵を受けることも十分に考えられるでしょう。NFTはメタバースと融合することで、より大きな可能性を秘めているのです。

なぜNFTは今アツイのか?

ここまでNFTの仕組みと優位性、メタバースとの相性の良さなどについて見てきました。ここからはNFT関連のビジネスでどのようなムーブメントが起こっているのか具体的事例を交えつつ、ご紹介していければと思います。

取引金額の高さやニュースの前面に出てくる有名人たちに話題が集中していますが、そのような表面的な情報だけでは「すごいなー」という感想で終わってしまいます。NFTそのものが秘めた可能性や本質的な部分にも注目してもらえればと思います。

NFTとメタバースの親和性

NFTはメタバースと相性が良いのは既にお伝えした通りですが、何故この両者は親和性が高いのでしょうか。技術的な相性の良さ、データの改ざんやコピーが不可能であること、仮想空間アイテムの固有価値を証明できることなどが、絶妙にシナジーを生み出していると考えられます。

ゲームの世界ではアイテムやキャラクターがNFT化されて、高額で売買されるケースが珍しくありません。NFTゲームではゲーム内の取引はもちろん、ゲーム外のNFTマーケットなどでもNFTが売買されています。また、購入したNFTを別ゲームで使えるというような取り組みも一部では始まっているようです。NFTゲームは国内での認知度は比較的低いですが、海外ではかなり人気が高く、「Axie Infinity」のようにDAU(1日あたりアクティブユーザー数)が100万人を超えるようなものも出てきています。

既存のゲームだと人気になる理由はゲームそのものへの没入感が大部分を占めますが、NFTゲームだと少し毛色が異なります。ゲーム自体の楽しさもある程度はありますが、それよりはリアルなお金を稼げるというのが理由の大半と言えるでしょう。ゲーム内で手に入れたアイテムをNFT化したり、クエストをクリアして仮想通貨を入手したりすることで、リアルマネーを比較的容易に稼げてしまうのです。ゲーム内のアイテムやキャラクターがNFTと技術的に連携し易く、その仕組みも一般ユーザーから理解し易いというのは、親和性が高い理由の1つと言えるでしょう。

メタバースプラットフォームでも同様のことが起きています。事例の一つとして「Decentaraland」というVRプラットフォームをご紹介しましょう。ここでもNFT化された土地やアイテムがユーザー同士で売買できる仕組みが構築されており、同メタバース内のマーケットでNFTを取引することも、外部のNFTマーケットプレイス上で売買することも可能です。また、「Decentaraland」は多数のNFTゲームと連携しているため、NFTをプラットフォーム間で相互利用することもできるのです。

デジタルの資産化と人間の所有欲求

デジタルが資産になるという概念は、これまでの既存の価値観からするとやや理解し難い印象を受けるかもしれません。NFTで高額が付いたツイートや画像は、広くデジタル上で共有されているもので誰でも目にすることができるものだからです。ジャック・ドーシーの最初のツイートはTwitter上で誰でも確認できますし、BeepleのNFT作品も検索すればいつでも鑑賞することができてしまいます。誰でも見れるデータに過ぎないものが、なぜ資産価値を生むのでしょうか。

古来からある人間の欲求に全く新しい技術が呼応することで、この新しい価値が生み出されたと言えるでしょう。ここで言う人間の欲求とは所有欲や独占欲と呼ばれるものです。人間には車や家、衣服などを所有して満たされたい欲求があります。価値が高い限定のブランド品や有名画家の絵画など数が限られているものについては、より所有欲や独占欲を刺激されるという人もいることでしょう。しかし、ここで言及したものは物理的に形のあるものです。デジタル上で共有されていて、誰でも見れるものに果たして資産価値があるのでしょうか。

その資産化を可能にしたのがブロックチェーンです。データ上に資産価値を改ざん及び複製不可能な形で記録して、固有の資産価値を証明することがこの新進技術で可能になったのです。このデジタルアートはあの一流画家が、このアバターはあの超有名クリエイターが作成した。これらの証明をデータに付与することで、ファンやコレクターたちの独占欲を刺激することに成功しました。作品のオリジナリティが証明されていれば、それはただのデータではなくこの世界で唯一無二の作品となるのです。

NFT収益の多様性

NFTが急速に市場を拡大している最大の要因として、収益の多様性が挙げられます。市場にお金が流入するためには、大衆に収益や投資にチャンスがあると判断してもらわなければなりません。NFTはその点において優れたコンテンツであると、多くの人々が認めた結果が現在の急成長に表れていると言えるでしょう。

NFTは画像、アート、ツイート、動画などデータになるものであれば大部分のものが作品として売り出すことができます。ゲームやメタバースプラットフォーム内で、アイテムや土地をNFT化して収益に繋げることもできますし、プレイの報酬としてNFTや仮想通貨を稼ぐこともできます。NFTを担保にして仮想通貨をレンディングするような稼ぎ方もあり、NFTで収益を得る方法は本当に多種多様です。

収益化の具体的方法は【第4章】で後述しますので、そちらも参考にしてみてください。

NFTの具体的事例

2021年、NFTでは様々な成功事例が生まれました。最も有名なのは、米国人アーティストBeeple氏のデジタルアートでしょう。5000作品をまとめたこのデジタルコラージュは、6930万ドル(約75億円)で購入されました。クリプトパンクの24×24ピクセルのデータ画像は、約8億円の値が付きました。どこにでもありそうなキャラクターアイコンに、ここまでの高額が付いたことは驚きです。クリプトパンクのシリーズは10000個購入することが可能で、1個あたりの平均価格は約20万ドルとNFTの過熱ぶりがうかがえます。

TwitterのCEOジャック・ドーシー氏がサービス最初のツイートを、約3億円で売り出し購入されたのも大きな話題になりました。販売で利用されたのは「Valuables」というツイートNFTのマーケットプレイスで、著名人でなくても誰でも参加でき自分のツイートを出品することができます。

スポーツ業界でも注目されているNFTコンテンツがあります。NBAの「TOPSHOT」はその1つで、NBA選手のシュートやドリブルなど試合中の名シーンをデジタルカードとして販売しています。これまでの物理的なカードやデジタルカードとは違い、ブロックチェーン上で一意性が証明されているのでファンはこぞって購入しているようです。例えば、NBA界の王様レブロン・ジェームズ氏。彼のスーパーダンクショット動画が納められたカードには約4200万円もの値が付けられました。

また、単なる画像データが高額で取引された例もあります。イーロン・マスク氏のツイートで有名になった仮想通貨Dogeコイン。このモデルになった「Kabosuちゃん」の写真データが約4億4000万円で落札されました。

国内の事例では、せきぐちあいみ氏のVRアート作品が有名でしょう。こちらにはおよそ1300万円の値が付き、このニュースでNFTを知った方も多いようです。著名人の活動が新コンテンツの普及に大きな役割を果たす好例と言えるかもしれません。

ゲーム内でのアイテムなどが高額で取引されるケースも珍しくありません。人気のNFTゲーム「Axie Infinity」のゲーム空間内の土地、9つの区画が約1億5000万円(当時のEHT価値)で購入されました。もはやゲームは余暇を楽しむだけのものではなく、一攫千金のチャンスが眠るコンテンツとなっているのです。

ここで紹介した具体例はほんの一部で、他にも多種多様なジャンルで多くの事例があります。従来は無価値であったものが、所有権と唯一無二性の証明で驚くべき価値を生み出すことに成功しました。前述のクリプトパンクのシリーズは、リリース当初なんとフリーで配られていたのです。それが今や超高額で取引されていることを考えると、NFTへの期待度の高さがよく分かるのではないでしょうか。

NFTの課題

NFTは既存の価値観に捉われない大きな可能性を秘めたコンテンツです。まだ黎明期と言っても良いこの時期にここまでのインパクトを残しているのであれば、今後の発展を考えると想像を絶する未来が待っているのかもしれません。

しかしながら、歴史が浅い上に話題性が強いコンテンツであるが故に課題が多くあるのもまた事実です。これからNFTが社会に深く浸透してくるのは間違いないので、課題もしっかり研究し客観的な目線を持っておくのは大事なことです。

一般認知度の低さ

ニュースに度々登場しているとは言え、一般の認知度はまだ高いとは言えない状況です。仮想通貨購入経験者やIT業界関係者など、一定のネットリテラシーがある層は多くが知っていますが、世間一般という括りで言うとまだまだ認知度は低いです。

ニュースになっているとは言えIT系のニュースという扱いですし、興味を惹かせるだけの派手な数字や著名人の名前だけがクローズアップされているに過ぎません。「NFT」が何かと聞かれて答えられるレベルともなると、現状ではかなりのマイノリティになると考えられます。

UIの使いにくさ

NFTを取引するためのハードルですが、一般的にはまだまだ高いと言わざるを得ません。購入するには仮想通貨取引所の開設、仮想通貨ウォレットの作成、イーサリアムを購入してウォレットへ移動、NFTマーケットプレイスアカウントの作成などの多くのプロセスを消化する必要があります。

ここまでたどり着くのにある程度の知識は要求されますし、その過程で専門用語も多く出てきますのでハードルは決して低くはありません。仮想通貨取引に免疫がない方だと途中で挫折してしまうことも十分あり得るでしょう。一方で、仮想通貨取引所内でNFTが仮想通貨と同じように買えるところも一部あるようです。ライトユーザーの参入が加速するためには、このようにプロセスが簡略化された仕組みが広まっていく必要があるでしょう。

コピー対策の難しさ

NFTは複製不可であることが最大の特徴の1つです。しかし、コピーできないのはあくまで所有証明の部分であってデータ自体のコピーは可能です。データ流出を防ぐためにはブロックチェーンとはまた別の技術が必要になるでしょう。NFTはそのコレクション性に価値があるとは言え、データ自体のコピープロテクトについても何らかの対策は欲しいところです。

また、作者自身が他のプラットフォームで同等の資産価値を付与したものをNFT化するなどの事例が出る可能性もあります。クリエイター側の不正についても防止する仕組みは必要なのかもしれません。

流動性の低さ

NFTには複製不可の仕組みがあり、発行枚数を限定して希少性を高めることが前提にあります。ユーザーはレア度の高いものをコレクションしていくため、流動性は必然的に低くなります。希少性の高いものは価格も高くなり易いため、これがまた流動性の低さに拍車をかけています。

大部分のNFTは1つの供給しかなく、価格の変動は需要次第です。流動性が低いと投機的な動きも出にくいので、NFT市場の活性化につながりにくいのです。市場での流動性を高めていくには、分割保有で所有ハードルを下げたりしてユースケースを多様化していくことが求められるのではないでしょうか。

NFTで収益化するには

NFTは素晴らしい技術とビジネス的な仕組みを有していますが、収益化していく上でも優れたコンテンツです。プラットフォーム上での単一売買だけでなく、メタバースやゲーム内でアイテムをNFT化して売買するなど、収益のチャンスはネット上に多く転がっています。

まだNFT市場が成熟していない今だからこそ収益機会を得やすいとも言えますので、このチャンスを逃さないようにしましょう。ここでは、NFTで収益化の可能性がある事例を具体的に幾つかご紹介します。

有力プラットフォームでのNFT売買

まずは、NFTプラットフォーム上で作品を出品し販売する方法です。これは最もオーソドックスな収益化でしょう。ざっくりとですが、作品を販売するためには下記のようなプロセスが必要になります。

1) 自分で画像や動画、デジタルアートなどを用意
2) 1)をNFTマーケットプレイス上にて詳細を登録
3) NFTマーケットプレイスにアップロードしてNFT化

前章で述べたように、事前に必要な作業として仮想通貨アカウントやウォレットの作成などは必要になってきます。とは言え、仮想通貨取引に親しんでいる方であれば難易度はそこまで高くないでしょう。

NFTマーケットで最も有名なのはOpenseaです。海外のプラットフォームですが、日本人クリエイターも多数参加しています。サービス開始が2017年12月と歴史が古く、ユーザー数も100万人越えと圧倒的な規模感で運営されています。最初に利用するのであれば最もおすすめのプラットフォームでしょう。

国内の有名どころだとCoincheckNFTがあります。ここは名前からもお分かりの通り、仮想通貨取引所のCoincheckが運営しているNFTフラットフォームです。最大のメリットはCoincheckの口座さえ持っていれば、NFTの出品・購入・保管が一気通貫で出来てしまう手軽さにあります。さらに、作品の出品や購入には本来であればGas代という多額のネットワーク手数料が必要になるのですが、これが無料になります。しかしながら、コンテンツ数が非常に少ないという欠点もあります。気軽にNFTがどんなものか体験してみたい場合はおすすめです。

NFT担保ローン

最近ではNFTを担保に融資するプラットフォームも話題に上ることが多くなってきました。2021年10月にNFT担保ローンのプラットフォーム「NFTfi」で、およそ1億6000万円のレンディングが行われたことがニュースになりました。

前述のNFTfiは、借り手と貸し手のマッチングを行うプラットフォームです。借り手がNFTを担保にして、貸し手がそのNFTの掲載情報を元に融資オファーを出すという仕組みです。元本や年利など条件は全て交渉できるため、有望そうなNFTを見つけて貸出オファーを出せば良いのです。貸し手は金利収入はもちろん手に入るのですが、借り手が返済を行わなかった場合に担保のNFTを入手することになります。実際に返済が行われずNFTを入手した事例では、該当のNFTが貸出時から30倍以上に値上がりしたものもあります。

NFT担保ローンプラットフォームはNFTfi以外にも多くのサービスが乱立しつつあり、NFT担保市場は急拡大していくと見られています。

NFTゲーム(Play to earn)

NFT関連で単純なユーザー数という意味で言えば、NFTゲームが群を抜いています。初期投資が少なく特別な技術も必要ないNFTゲームは、NFT市場拡大に大きく貢献していると言えるでしょう。タイトルにある「Play to earn」は、文字通りゲームをプレイして稼ぐということです。ゲームは単なる娯楽に留まらず、金銭を得る効果的な手段となっているのです。

幾つか具体例をご紹介しましょう。NFTゲームの代表は「Axie Infinity」で、イーサリアム取引量で第1位を誇っています。内容としてはモンスターを集めて戦わせる「ポケモン」のようなゲームで、稼ぎ方は主に2種類です。ゲームをプレイすることで毎日得られる仮想通貨と、ゲーム内で獲得したNFT(Axieやアイテム)を各種マーケットでの販売で収益を得ることができます。最盛期はライトユーザーでも大きな金額を得ることができましたが、2021年12月現在はユーザー過多で収益は減少傾向にあります。ただ、お小遣い程度であれば十分チャンスがあるので、興味がある方は参加しても良いかもしれません。プレイするためには、最初に「Axie」というモンスターを購入する必要があり初期投資として最低でも4万円程度が必要である点は注意しましょう。

もう一つはリリース前ですが「The Sandbox」というメタバース上に構築された、NFTゲームです。仮想空間内では、自作のキャラクターやアイテムを利用して遊ぶことができます。広大なオープンワールドを自由に行動して街作りなどを楽しむため、「マインクラフト」などと感覚は近いかもしれません。収益を得る方法は主に3種類あります。ゲーム内の土地「LAND」を貸し出すこと、アイテムをマーケットプレイスで売ること、LAND内でプレイ可能な自作ゲームを有料で遊んでもらうことです。「LAND」は上限が決まっており、収益化に有利な場所は既に抑えられていることと、1LANDあたり最低でも10万円以上と高額です(2021年12月時点)。ただ、このゲームはLANDがないとプレイができませんので、有利な土地を持っているプレイヤーが圧倒的優位に立てることは間違いありません。リリース前ですが、LAND内で使えるアイテムやゲームは現在でもプラットフォームで作成できますので、クリエイティブなことが好きな方は挑戦してみても良いのではないでしょうか。プログラムが組めなくても簡単に作成できるようになっているので、エンジニア以外の方にもお勧めです。有名企業もこぞって融資するなど注目度は抜群ですので、リリース前にプラットフォームを見てみるだけでも学びになるかもしれません。

やや本論からは外れますが、上記のような人気NFTゲーム内で発行されている仮想通貨にも投資チャンスがあります。ローンチ前の人気が出そうなNFTゲームに当たりをつけておき、その仮想通貨を事前に買っておくという方法です。上記の「Sandbox」を例にすると、発表時点の0.1ドルから最大で8ドルまで上昇を見せています。日頃から地道に情報収集をしていれば、そのようなチャンスを活かすことができるかもしれません。NFTゲームは様々な側面から、思いもよらない大きな収益を得る可能性があるのです。

まとめ

ここまで、NFTが技術的にもビジネス的にもいかに素晴らしい仕組みを有しているかをお伝えしてきました。同時に多くの課題も抱えており、市場を大きくしていくためにはまだまだ新しい仕掛けや取り組みが必要であることもご理解いただけたかと思います。

NFTは、これまで価値が見えづらかったものを資産化することに成功し数々のビジネスチャンスを生み出しています。これまでは特に気にすることもなかった画像データや1ツイートに、唯一無二性が証明されることでとてつもない価値が生まれました。NFTとゲーム、メタバースが融合することで、数々の収益フローが作り出され多くのユーザーが熱狂しています。

今後メタバースやNFTの課題が解決され一般の認知度が広まれば、更に大きな変化が訪れるでしょう。それは人間同士のコミュニケーションのあり方や貨幣経済のあり方など、普遍的な原理に一石を投じるレベルのものなのかもしれません。このパラダイムシフトと言っても過言ではない変化が起こっている今を味わいながら、より高次のNFT・メタバースの未来を楽しみに待ちたいと思います。